大豆オリゴ糖の効果について

味噌や醤油から抽出される大豆オリゴ糖

大豆は味噌や醤油など日本食によく使われますが、その大豆に含まれているのが大豆オリゴ糖です。 大豆オリゴ糖の特徴としては他のオリゴ糖に比べ、甘みが強いということです。だいたい砂糖の約70%ぐらいの甘みを持っています。しかし砂糖と比べると約半分のカロリーですので、甘みが強くて低カロリーというのが大豆オリゴ糖の良いところです。 またしっかりと整腸作用もあるので、トクホとしての認可もおりています。大豆オリゴ糖を使った便秘解消実験でも「便秘解消に一定の効果が出た」という報告があります。

大豆の生産量が多いため、比較的摂取しやすいオリゴ糖であることが言えます。 味噌やしょうゆというのは普段の生活でも摂取しているので、大豆オリゴ糖は皆さんがもっとも口にしているオリゴ糖なのかもしれませんね。 また大豆から作られるということもあり、大豆が持っている性質も持ち合わせているのも特徴です。 便秘解消以外にも、動脈硬化の予防やがんの予防などにも効果があると言われています。 しかし他のオリゴ糖と比べると消化性があるので、生きたまま腸に届くという面では劣ります。 私としては大豆オリゴ糖は普段の食事で摂るように意識して、その他の整腸作用が高いキシロオリゴ糖やビートオリゴ糖などをオリゴ糖サプリメントから摂ると良いと思います。こちらの素材のほうが整腸作用が強く便秘解消やアトピー改善にはより効果が期待できる素材といえます。



copyright(c) オリゴ糖口コミランキング All rights reserved.