妊娠中の食事について

妊娠中の食事の管理はとても大切です。

妊娠中の食事は何を食べたら良いの?逆に何を食べてはいけないの?と悩まれているお母さんも多いと思います。やはり妊娠中の食事が赤ちゃんの体を作るといっても過言ではありません。一説には妊娠中の食事の内容によって、赤ちゃんの体の中の酵素量(消化・代謝に必要な成分)が変わってくるとも言います。
では具体的に何を食べたらよいでしょうか?

妊娠中の食べ物はどうしたら良いの?

妊娠中に食べた方が良いもの

キャンドルブッシュのお茶は便秘のお茶として非常に有名で、飲んだ次の日にはスッキリできるという事で多くの便秘に悩む女性のたんぱく質、ミネラル・ビタミン・食物繊維などはバランスを心がけて食べていただきたいです。また葉酸は赤ちゃんの脳神経の発達に役立つと言われています。葉酸のサプリメントなども出ているので適量を守って飲むのも良いでしょう。
また妊娠中は便秘になりやすいので、オリゴ糖や食物繊維など便秘解消に効果のある食べ物も食べると良いです。

妊娠中に食べてはいけないもの

アルコールは避けたほうがよいです。アルコールを摂取することで障害を持った赤ちゃんが産まれるリスクは高まります。妊娠中はつらいですが、禁酒を心がけて下さい。
また生魚なども大量に食べるのはあまり良くないです。DHAやEPAなどが魚には含まれているので必要ではありますが、週2回程度にするのが良いでしょう。 カフェインなども大量摂取は避けるようにして下さい。

旦那さんの協力も必要です。

お酒やタバコが大好きな妊婦の方もいらっしゃると思います。妊娠中にそれを断つのはつらいことでしょう。
旦那さんも奥さんが頑張っているのであれば、一緒に我慢したり、家では飲まないようにするのが大事だと思います。



copyright(c) オリゴ糖口コミランキング All rights reserved.